Internet History & Our Roadmap

滑らかで丁寧な絹(SiLK)のような
インターネット社會を獨自の技術で実現します

1. インターネットはWebブラウザの登場によって爆発的に普及していきました

インターネットは1993年にアメリカの大學生によって開発された、Webブラウザ「Mosaic」の登場によって爆発的に普及し、今やWebは社會、経済、文化すべてに浸透しつつあります。

2. しかし、その一方でWebブラウザは一つのジレンマを生み出しました

Webブラウザ=インターネットではありません。Webブラウザはインターネットのポテンシャリティのほんの一部分を畫期的に使いやすくした「アプリケーション」の一つです。

Webブラウザはインターネットの発展に大きく貢獻した反面、インターネットの本來のポテンシャリティに基づく成長を大きく鈍化させる一つのジレンマを生み出しました。

巷で話題の「IT革命」や「Web2.0」といった動きは全てWebブラウザという一つのアプリケーションの中だけの出來事であり、インターネット本來の力や可能性を引き出したものではありません。

3. インターネットの本當の価値は、モノとモノを結び付けることにあります

Webブラウザを中心とした現在のアーキテクチャは過渡的なものであり、本來のインターネットの姿はPCだけでなく、たくさんのモノとモノを互いに直接かつ安全に結びつけるアーキテクチャです。あらゆる機器が安全?安心で自由につながり、それぞれがPassiveではなくActiveにコミュニケーションを始めるようになったとき、インターネットは初めて本當の力を発揮します。

4. OverLay Internetが社會に必要なインターネット環境を創り出します

それらのインターネット環境の実現には、いつでも、どこでも、何からでも、プロバイダや國境すら越えてダイレクトかつ安全につながる環境を構築する事が必要です。
私たちは既存のインターネットアーキテクチャの上にOverLay Internet技術によって次世代のインターネット環境を架設しています。

5. インターネットが本當に世の中を変えるのは、これからです

インターネットは社會に情報の即時性をもたらし、時間や距離などの制約から人を解放してきました。しかし、それはインターネットによってもたらされる恩恵のほんの一部にすぎません。繰り返しになりますが、近い將來、インターネットにつながったモノ同士が自律的(active)にコミュニケーションし、コンピュータが情報の意味を理解して、我々人間がもっと人間らしい安全?安心に満ちた社會を実現してくれるようになります。

6. フリービットはSiLKというコンセプトで新しいインターネットをリードしていく會社です

米國を中心に発展したWeb(クモの巣)を、3.0に発展させるのではなく、日本の特徴である、緻密さ、勤勉さを最大限に発揮して、WebをSiLK(絹)に紡ぎます。私たちはインターネットをWebブラウザのジレンマから解き放ち、人間の暮らしにもっと役立つように、自らインターネットのフロンティアを切り開いていきます。

日本人だからこそ創れるインターネットがあります。

私たちはインターネットをもっと安全?安心、そしてさらにダイナミックな、
「SiLK」のように「なめらかで丁寧なインターネット」を創り、
日本発のインターネットを紡ぎ出します。

Being The NET Frontier!

それは私たちの理念であり、執念なのです。

トップに戻る
小丹再忍一下就不疼了_欧美日本黄污A片在线观看AV_日韩黄色三级片_欧洲老妇女A片_亚洲成人网